インプラント治療のスーパーカウンセラー
インプラント治療.COM内検索
ホーム > オンライン歯科相談受付 > 内服薬の服用とインプラント治療 > インプラント治療後の症状について
Image Picture

[PROFILE]
安原歯科医院 院長
日本口腔外科学会認定
口腔外科専門医
Image Picture
 よろしくお願いします。
 2011年4月にインプラントの台座をいれて仮歯をいれました。(両隣の歯にブリッジしてひっかけてあるだけのもの)
 2011年6月に脊髄炎になり パルス5日→プレドニン100mg 現在は15mgになっています。同じく6月よりアクトネルを週1回服用しています。(後遺症でT5以下に麻痺があり現在リハビリ入院中です。)
 2012年2/8に仮歯がぐらついているので、インプラントの治療をした歯科にいき 飲んでいる薬を伝えた上で仮歯を変えましたが今度は台座のネジを使ってねじ込むものでした。
 処置に二時間近くかかり麻酔をしなければいけないほど痛く歯肉に傷をつけたりねじ込むとき骨に触るような処置をしていたと思います。
 歯科医は「抜歯したりしていないから大丈夫」といっていましたが夜になっても血がとまっていませんしさわると傷みます。
 「処置は順調でこの後は三週間後に本歯を入れると出来上がり」と言われましたが、そのまま行ってよいものでしょうか?
 三ヶ月程度アクトネルをやめてから行うのが安全ではないでしょうか?
 また、もう処置をしてしまった私はどのようにリスクを減らしていけばいいでしょうか?
 (歯磨きをしっかりするとかうがい薬をもらってうがいするとか、、、抗生剤などを飲むとか、、、)
 何か対処法があったら教えてください。
 安原歯科医院の安原豊人です。
 BRONJ(ビスフォスフォネート系薬剤関連顎骨壊死)のことを気にされているのだとお察しいたします。
 一般的に内服薬で投与期間が3年未満の場合でステロイド剤や抗がん剤の投与や糖尿病などの危険因子がない場合には、健常人と同じようにインプラント治療が行われています。ただし、3年未満でもリスク因子がある場合には、医師を相談の上3か月間の休薬をしてもらいインプラントを埋入したほうがよいかもしれません。その後レントゲン像や創部の治癒状況をみながら1か月後にビスフォスフォート系薬剤の再開をしています。
 インプラントの埋入術式は、2回法で完全閉創で行います。休薬するかの判断は休薬のリスクを考え主治医の先生とよくご相談されることをおすすめいたします。今回のあなた様のケースは、インプラント埋入手術後にビスフォスフォート系薬剤とステロイドの投与を開始している点から見て、おそらくご担当の先生のご判断で問題ないと思われます。ご安心ください。
 もちろん今後将来、BRONJ発症の危険性が皆無ではありませんので、日々の口腔ケアーに十分注意されることをお勧めいたします。

 スーパーカウンセラー・安原歯科医院紹介 山陽電鉄「林崎松江海岸駅」より徒歩6分!

Image PictureImage Picture
Image PictureImage Picture
医師
院長・安原豊人(日本口腔外科学会認定口腔外科専門医)
副院長・安原美香(日本矯正歯科学会認定医)
医師・清水 厳
[詳細]
所在地
医療法人社団 瑞歯会 安原歯科医院
〒673-0033 兵庫県明石市林崎町2-1-10
[詳細]
連絡先
TEL. 078-926-3511
◎オンライン歯科相談
◎歯・あごの健康相談
◎矯正歯科直通ダイヤル


詳細はこちら
TEL. 078-926-3511
TEL. 078-926-3501
診察科目
一般歯科, 矯正歯科, 歯科口腔外科, 小児歯科, 審美歯科
診察時間
 
あさ 9:00〜12:30××
ひる 2:30〜5:00××
よる 5:30〜7:30×××
※休診日:木曜・日曜・祝日
 オンライン歯科相談受付 日本口腔外科学会認定口腔外科専門医 安原豊人がお悩みにお答えします!

上記以外にも歯科(病気・診療・治療・予防等)については、気になる事、わからない事がたくさんあるかと思います。もし、歯やあごの疑問やお悩みがある方、歯並びが気になる方、咬み合わせなどでお悩みの方は当院へお気軽にご相談ください。日本口腔外科学会認定口腔外科専門医 安原豊人が回答します。必要事項をご記入の上、確認ボタンを押してください。

※ご投稿いただきました相談内容は、個人情報を除き、当関連サイトに掲載させていただく場合がございます。予めご了承の上、投稿ください。ご投稿頂きました個人情報は、守秘義務上外部に一切漏れることはございません。

受付フォーム
※お名前

フリガナ

※性 別

男性  女性

※年 齢

※都道府県

住 所

電話番号

※e-mail


E-Mailの入力ミスが、大変増えております。
確認の為、再度ご記入ください。
※相談内容

メルマガ
の購読
はい いいえ

 



COPYRIGHT 2009-2012 YASUHARA Dental Clinic All Right Reserved.